いろいろな漢字の「解字」「凄い名字」「難読文字」(4-鳥の部-)

部首と漢字から“凄い名字を探す”へ

「漢字源」の「解字」は漢字の成り立ちの面白さを教えてくれる。
これに重ねて、凄い名字字典(読者の投稿により、約13,000の特徴ある名字を収録。このWEBで2009年11月まで掲載した名字字典)を観ると、漢字で名字を作り出した先祖の智慧、ユーモア、頓知の凄さも感じることができる。
そこで、ヒマにまかせて、漢字の「部首別」に「凄い名字字典」をまとめ直したのがこの資料である。資料中、太字の名字は「読めたら凄い名字」「特集」にも収録した名字を示す。
資料にある「解字」「指事」「形声」「会意」「象形」「仮借」の意味はこちら

漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
会意兼形声。「鳥+(音符)弟(=低。背がひくい)」。足が短くて背の低い鳥。
→トップページへ戻る
(う)、鵜生(うお)、鵜飼(うかい)、鵜永森(うぐもり)、鵜久森(うぐもり)、鵜家(うけ)、鵜子(うこ)、鵜成(うじょう)、鵜城(うじょう)、鵜足(うた)、鵜鬱檸(うつかじ)、鵜鬱鷹(うつがたか)、鵜鬱鑑鬱(うっかん)、鵜蓑鬱(うつみ)、鵜殿(うどの)、鵜瀞(うとろ、うのとろ)、鵜口(うのくち)、鵜頭(うのず)、鵜目(うのめ)、鵜沼(うぬま)、鵜薔薇咲(うばらがさき)、鵜生川(うぶがわ)、上鵜瀬(かみうせ)、松鵜(まつう) 鵜呼(うとう)、鵜住居(うのすまい)、鵜瀞(うっとろ)。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
会意兼形声。上部の字(音えん)は、二人の人が背をまるくまげたさま。鴛はそれを音符とし、鳥を加えた字で、背が曲線を描いた鳥。
→トップページへ戻る
鴛海(おしうみ)、鴛尾(おしお)、鴛田(おした)、鴛原(おしはら)、鴛淵(おしぶち)、鴛水(おしみず)、鴛本(おしもと)、 鴛海(おしうみ,おしみ、きしみ)。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)


会意兼形声。鶯の鳥部分を除いた部分<えい、けいと読む>は(ぐるりととりまく意)。「鳥+(音符)<えい>」で輪状の羽模様が、首のまわりをとりまいた鳥のこと。
→トップページへ戻る
(うぐいす)、鶯巣(うぐいす)、鴬生(おうしょう)、鴬出(うぐで)、鴬原(うぐいすはら)、梅鶯(ばいお)、白鶯(はくおう)
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
形声。「鳥+(音符)區(くおう)」。ウ・オウと鳴くかもめの鳴き声をまねた擬声語。
→トップページへ戻る
鴎(かもめ)、鴎端(かもめばた)、御鴎(みのお)
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
形声。「鳥+(音符)甲」。あっぷあっぷという鳴き声をまねた擬声語。
→トップページへ戻る
鴨脚(いちょう)、鴨(かも)、鴨打(かもうち)、鴨頭(かもがしら)、鴨狩(かもがり)、鴨下(かもした)、鴨志田(かもしだ)、鴨治(かもじ)、鴨名(かもな)、鴨ノ上(かものうえ) 鴨田(かもんでん)、鴨足(いこう、いちょう、かもあし)、
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
会意兼形声。奚(けい)は「爪(手)+糸(ひも)」の会意文字で、系(ひもでつなぐ)の異字体。鶏は「鳥+(音符)奚」で、ひもでつないで飼った鳥のこと。また、単なる形声文字と解して、けいけいと鳴く声をまねた擬声語と考えることもできる。
→トップページへ戻る
雄鶏(おとり)、鶏内(かいち)、水鶏口(くいなぐち)、鶏冠井(かいでい)、鶏尾(けいお)、鶏足(けいそく) 鶏魚(いさき)、鶏知(けち)など。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
形声。「鳥+(音符)牙(が)」。ああと鳴く声をまねた擬声語。
→トップページへ戻る
(あ)、小鴉(こがらす)、鴉越(からすご)、鴉田(からすだ)
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
会意兼形声。寉(かく)は、鳥が高く飛ぶこと。鶴は「鳥+(音符)寉」。確(かたくて白い石)と同系なので、むしろ、白い鳥と解するのがよい。
→トップページへ戻る
岩鶴(いわつる)、大鶴(おおつる)、飼鶴丸(かいつるまる)、上鶴(かみつる)、亀鶴(かめつる、きかく)、桑鶴(くわづる)、小鶴(こづる)、下鶴(しもづる)、下小鶴(しもこづる)、新鶴田(しんつるた)、竹鶴(たけつる)、(つる)、鶴衛(つるえ)、鶴我(つるが)、鶴貝(つるかい)、鶴亀(つるかめ)、鶴川屋(つるかわや)、鶴来(つるぎ)、鶴巣(つるす)、鶴頭(つるとう)、鶴嘴(つるはし)、鶴濱(つるはま)、鶴喰(つるばみ)、鶴保(つるほ)、鶴巻(つるまき)、鶴水(つるみ)、鶴海(つるみ)、鶴和(つるわ)、中鶴(なかつる)、中鶴間(なかつるま)、丸鶴(まるつる)、南鶴(みなみつる)、吉鶴(よしつる) 鶴喰(つるばみ、つるはみ)、鶴田(たずた)、鶴望(つるみ)。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
形声。「鳥+(音符)九」。ひと所にあつまって群れをなす鳥。引きしめあつめる意を含む。
→トップページへ戻る
斑鳩(いかるが)、衣鳩(いばと)、入鳩間(いりはとま)、餌鳩(えさばと)、絵鳩(えばと)、(はと)、鳩飼(はとがい)、鳩口(はとくち)、鳩森(はともり) 鳩里(いかるが)。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
会意。「口+鳥」で、鳥が口で音を出してその存在をつげること。
→トップページへ戻る
釜鳴(かまなり)、下垣鳴海(しもがきなるみ)、鳴取(なとり)、鳴(なる)、鳴石(なるいし)、鳴鬼(なるおに)、鳴釜(なるかま)、鳴木橋(なるこばし)、鳴瀬乃(なるせの)、鳴水(なるみ)、矢鳴(やなる)、若鳴門(わかなると) 鳴成(おとなし)、鳴湫(なるくて)、鳴矢(かぶらぎ、なるや)。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
会意兼形声。「鳥+(音符)就(目標めざして近寄る、くっついていく)」
→トップページへ戻る
雲類鷲(うるわし)、宇留鷲(うるわし)、大鷲(おおわし)、鷲見(すみ)、霊鷲(たまわし)、(わし)、鷲北(わしきた)、鷲頭(わしず、わしとう)、鷲田(わしだ)、鷲野巣(わしのす)、鷲野眼(わしのめ)、鷲谷(わしや) 鷲子(とりのこ)、鷲峰(じゅうぼう)、鷲座(わしくら)。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
会意兼形声。「鳥+(音符)鷹(よう、むね、むねにだきこむ)の略体」。
→トップページへ戻る
鵜鬱鷹(うつがたか)、生鷹(おいたか)、亀鷹(かめたか)、小鷹狩(こだかり)、志鷹(したか)、白鷹(しらたか)、鷹尾(たかお)、鷹尾伏(たかおぶし)、鷹影(たかかげ)、鷹木(たかぎ)、鷹巣(たかす)、鷹左右(たかそう)、鷹照(たかてる)、鷹啄(たかはし)、鷹嘴(たかのはし)、鷹箸(たかのはし)、鷹羽(たかは)、鷹羽司(たかはし)、鷹濱(たかはま)、鷹梁(たかはり)、鷹架(たかほこ)、鷹休(たかやすみ)、飛鷹(ひだか)、松鷹(まつたか) 鷹(たかとり)、鷹阪(たかわき)、鷹啄(たかくち)。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
形声。「鳥+(音符)入(にふ)」。水の中に入ることから‘にふ’の音をとって名づけた。意味は<にお>。水鳥の名。かいつぶり。
→トップページへ戻る
鳰川(におかわ)、鳰(にほ)、鳰原(にゅうはら)
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
形声。「鳥+(音符)路」で、すきとおるように白い鳥の意。
→トップページへ戻る
大鷺(おおさぎ)、木鷺(きさぎ)、小鷺(こさぎ)、鷺(さぎ)、鷺沢(さぎさわ)、鷺巣(さぎす)、鷺谷(さぎたに)、鷺直(さぎなお)、鷺之上(さぎのかみ)、白鷺(しらさぎ)
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
会意。弋(よく)は、矢のあとに長いひもをつけたいぐるい。鳶は「弋+鳥」。そ飛ばせた鳥。の足に長いひもをつけて飛ばせた鳥。
→トップページへ戻る
荒鳶(あらとび)、小鳶(ことび)、鳶(とび)、鳶尾(とびお)、鳶ケ巣(とびがす)、鳶口(とびくち)、鳶那(とびな)
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
形声。「鳥+(音符)江」で、大きい水鳥のこと。
→トップページへ戻る
大鴻(おおこう)、鴻農(こうのう)、鴻巣(こうのす)、鴻鳥(こうのとり)、鴻戯(こうぎ)、鴻江(こうのえ)、鴻和(こわ)、(びしゃご) 鴻巣(ぐるす)、鴻(おおとり、かんどり、こう)、鴻山(うやま、おうやま、こうやま)、鴻池(こうのいけ)。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
会意兼形声。じゅん(淳の旁の字)は、ずっしりとして重い、ずんぐりとしている、の意を含む。鶉は「鳥+(音符)じゅん」。
→トップページへ戻る
鶉(うずら)、鶉谷(うずらたに)、鶉橋(うずらはし)、鷹鶉(たかうずら) 鶉見(ささみ)。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
象形。尾のぶらさがったとりを描いたもの。
→トップページへ戻る
飛鳥(あすか)、飛鳥井(あすかい)、飛鳥馬(あすま)、石鳥谷(いしとりや)、大鳥居(おおとりい)、小鳥(おどり、ことり)、黒鳥(くろとり)、鴻鳥(こうのとり)、小鳥居(ことりい)、小茂鳥(こもとり)、十鳥(じゅうとり、とうどり、ととり)、霜鳥(しもとり)、小鳥遊(たかなし)、取鳥(とっとり)、鳥取(とっとり)、鳥羽田(とっぱだ)、都鳥(とどり)、鳥鼠(とね)、鳥谷尾(とやお)、鳥屋尾(とやお)、鳥谷越(とやこし)、鳥屋子(とやなご)、鳥屋原(とやはら)、鳥脚(とりあし)、鳥居大路(とりいおおじ)、鳥居塚(とりいづか)、鳥井原(とりいはら)、鳥生(とりう)、鳥海(とりうみ)、鳥潟(とりがた)、鳥倉(とりくら)、鳥左近(とりさこん)、鳥實(とりざね)、鳥巣(とりす)、鳥集(とりだまり)、鳥の(ノ)海(とりのうみ)、鳥当(とりとう)、鳥光(とりみつ)、鳥谷部(とりやべ)、似鳥(にたどり、にとり)、野鳥(のとり)、白鳥(はくちょう)、妻鳥(めんどり)、待鳥(まちどり)、美鳥(みとり)、毛鳥(もうちょう)、目鳥(めとり)、免鳥(めんどり)、百鳥(ももとり)、柚鳥(ゆとり) 鳥羽(とっぱ、とりま)、鳥屋野(とやの)、鳥谷(とりだん)、鳥賀陽(うがや、とりがや)、鳥楽(とりなし)、鳥喰(いりはみ、とりばみ)、鳥賊野(いがの)、鳥頭尾(うとお)、鳥遊(たかなし、とかなし)。
漢字 解字 凄い名のり(出所:凄い苗字字典 難読文字(出所:漢字源)
形声。「鳥+(音符)鵠」で、しろいとりのこと。
→トップページへ戻る
鵠石(くぐいし)
→「鵠」を使う名字は全国で、これ一種のようです。他にご存知あれば是非お知らせ下さい。お知らせメールを送る
鵠沼(くげぬま)、鵠戸(くぐいと)、鵠巣(こうのす)。

部首と漢字から“凄い名字を探す”へ