投書抜粋(1)
[As of September24,2006]

トップページへ戻る

  1. なんとなく暇だったので見てみたんやけどけっこうおもしろかったですこれからも頑張っておもしろ話聞かせてください。
  2. 阪大の某教授は「国敗れて道路あり」と皮肉っていたが、それならまだまし。行くところまでいってはじめて気がつくのがいいとこ。
  3. いいですねぇ(^^)。こうゆうページ、おもしろくて。私、好きです。
  4. 今の政治家は多くの国民のためになるべく立候補し、当選出来たわけではない様に思われます。
    理由1 私財をなげうってまで自分の理想とする考えを発言したり、行動する意志を持っていない。
    理由2 大多数の都市住民以外の人は投票する理由はただの顔見知り、知人、友人の紹介、等でよい政治家を選ぶとゆう考えで投票をしているわけではない。
    理由3 自分の損得によるのみの投票。
    と私は考えます。もっと根元的な理由は何なんでしょう、それを知りたいものです。
  5. こういうホームページがもっと増えればいいのになーと、思いました。おもしろかったです。
  6. 何となくボーとして目で追っていた。世の中広いようでせまいもんですなー。それに今の若者は、ウエットに、飛んでいて見ていて退屈ガしない。日本は、本当に平和な国だなーと、おもいました。以上
  7. ナイスだぜ!!
  8. 実は本当に暇で仕方がなかったのですが結構楽しめました。ありがとうございました。初心者なので勉強中ですがおもしろいホームページを知っていたら教えてください。
  9. 管理人さぁ〜ん、どうしたのでしょ?ご病気ですか?(<注>愛用機がダウンして、更新が滞った時)
  10. 下記「どうなってるの」を読んで
    『・・・(前略)外交に友好などない。国益が何かを判断する頭脳と勇敢さと、同時に男の死に方を知っている者のみが外交官になれる。二人の外交官(奥大使、井上一等書記官のことー引用者補注)の生き様がそれを示しているが、
    ただ、戦後日本の外交官は一切そういうマナーを捨てた。いい例が1974年、日本赤軍がクエートの日本大使館を襲った事件だろう。石川良孝大使は女子更衣室に潜んでいるところを見つかり、日本に涙声で電話をかけ善処を乞うた。外務省は日本の名誉より大使の命を大事にして日本赤軍の要求をすべて呑んだ。この恥さらし大使は後に栄転している。・・・(中略)死んだ二人を日本人外交官の代表と思ったら、二人にはうんと失礼になる。』(週刊新潮、1月1・8日新年特大号「変見自在」・帝京大教授高山正之)
    【感想】うんと失礼になる、の「うんと」が強い力を持っています。涙が出そうになりました。

  11. ブッシュ政権の新たな情報操作が始まった(1)〔下記〕を読んで。

    「・・・自衛隊がイラクで担うべき役割は、なにひとつない。そもそも、自衛隊にどんな義務があるのか。誰のために働いているのか。・・・・・人道的支援などというものは、内戦状態の国では通用しない。非戦闘部隊は、いけにえになるだけだ。もちろん、そんなことは起こらないように願っているし、私は悲劇を誇張したいのではない。無事に任務を終え、イラク人に対する平和的貢献を達成し、全員が成功とともに帰国することを願っている。しかし、こうした状況では、現実的に考えなくてはならない。(週刊朝日2/20日号スコット・リッター氏が緊急警告)」
    【感想】ここに書かれてあることは、自衛隊をイラクに派遣すると聞いたとき、ほとんどの日本人が一番最初に思ったことではないでしょうか。平和な場所でしか通用しない組織であることが、まさしく日本の自衛隊と他国の軍隊との違いであると思いますし、またそうでないと戦争を放棄した憲法に違反しますよね……? こんなことは子供が言うような馬鹿げた意見なんでしょうか。 

  12. 不思議!!一体どんな人がこうした苗字を考えたのだろう。私の養父の苗字は、周東です.実の父の苗字は、吉住で最初の結婚相手の苗字は、京極でした。
  13. 蛇口(読み方不明です)杉並区に住んでいたとき、近所の表札を見て記憶してます。漢字不明(あらけりあん) 某DBの中にあった名前ですが、漢字の登録がなかった。受付の人、めんどくさがらないで入力しましょう。
  14. はじめまして。
    読めない苗字の読みを検索していてこちらのサイトさんに行き当たりました。問題も解決してとても助かりました。拝見していて見なかった苗字で以前見かけて変わってるなぁと思った苗字があったので、投稿させていただきます。失礼しました。
  15. ずいぶんいろんな苗字があるもんですねー。話のネタに使わせていただきます(笑)ちなみに私の中学の同級生で、「大丹生」と書いて「おおにゅ」と読む苗字の子がいました。このHPに載ってるもの程インパクトはないですが。
  16. はじめまして、HP拝見しました。苗字奥深い!!楽しんで読ませていただきました。今後もがんばってください。
  17. 知人からの紹介で貴HPを拝見しました。「凄い苗字」シリーズ、非常に飽きません。仕事するのも忘れて食い入るようにのめり込みました。
    いきなりぶしつけで恐縮なのですがお願いがあります。当方、HPをたちあげることにしたのですが、リンクをはるのは誰が見ても面白いサイトがいいので、貴HPをリンクにはる許可を得たいと思い、この度メールを差し上げることになりました。
    ではでは突然のメールで失礼いたしました。これからの更新も楽しみにしております。
  18. はじめてメールさせていただきます。
    華道桂古流の新藤です。とてもすばらしいホームページに感激です。最近は子供たちもお花を習いにくるのでこの苗字のお話はとても喜ぶかと存じます。広めさせていただきます。
    二点ほど気づいた点がございましたので、ご連絡させていただきます。
    一点目が假屋崎省吾ですが、同じいけばなグループに属しています。「かりやざき」が正式な読み方です。芸能人になって改名していなければですが。
    二点目は川面ですが高校の友人で「かわおも」という読み方の者もいました。一応参考までに。
    とても大変な作業と存じます。でも韓国は苗字が300のところ日本は10万あるそうですね。みんな真剣に語っていて素敵です。頑張ってください。
  19. 私はアナログ派で結構(正論2月号、中村粲「NHKウオッチング」)に賛成。
    うちは高架線の下にあるんですけど、アナログの受信状況も思わしくありません。(画面がちらちらします。)こんな状況でまともにデジタルが受信できるのか、はなはだ疑問です。
  20. はじめまして。自分の名前が紹介されているなんて。びっくりしました。
    変わった名前の 達谷窟 と申します。中学時代の友人の紹介ということらしいですが”誰”なんだろう。
    連絡がとれればと思いメールしました。
    身元=東京都三鷹市井の頭5丁目8番25号(中学時代当時は 井の頭465番地でした)
  21. はじめまして、こんにちは。
    興味深くこのホームページを拝見させて頂いております。世の中には色々な苗字があるものですね。特に日本はバラエティに富んでいて、変わった苗字の方に出会うと、何だか楽しくなってしまいます。
    私もこれまでに何人か、「凄い苗字」の人と知り合いになりましたので、図々しくも投稿させて頂きたいと思います(凄い4苗字は字典に掲載しましたので省略します)。……既に掲載されている苗字と比べると、いまいちインパクトに欠けるような気もしますが。そこはご容赦下さい。字典と照合したつもりなのですが、もし既に載っているものと被っていたらすみません。
    それでは、今回はこの辺で失礼させて頂きます。これからも、時々はこちらのホームページを覗かせて頂きますので、宜しくお願い致します。
  22. もう一度行きたいあの国この街(Firenze)
    18日にNHK教育の番組「世界美術館紀行」で特集されていましたよね!それによるとヴァザーリの回廊は、事前予約すると通行可能だそうですが中を御覧になりましたか?美術や社会科の教科書に載っている品々を間近に御覧になったのですね。うらやましい限りです。私もそういう身分に早くなれるよう仕事をがんばって稼ぎます!
  23. “苗字特集の特集”を読んで
    自分の名前(日改)のルーツが探せるかな…とネットサーフィン中にここを見つけました。今日の研修でも自分の名前は正しく呼ばれずじまい。いちいち言い直すのも本当に面倒です。どうして読めないかなあ。
    こゝにはとても信じられないような苗字がある不思議だ!一体どんな人がこうした苗字を考えたのだろう。漢字の意味深さを感じる。
  24. 面白いHPですね。
    MS-IMEの誤変換には私もイライラしたり苦笑したりする場面が何回かありました。忘れられないものを2つご紹介します。
    1.経済波及効果 ⇒ 経済は急降下
    2.揃い次第 ⇒  ソロ石鯛
    特に1.はあまりのことにしばらく腰を抜かして次の文章が打てずに困った記憶があります。
    苗字の研究も(斜め読みですが)面白い。是非深めていって下さい。
  25. 管理人さまへ。
    いっぺんに4人分まとめて送ってしまい、申し訳ありません(><)。
    以前から見ていましたが、勇気を出して(?)初投稿です。
    これからも、頑張ってください★
  26. 面白半分に検索したら、(私の名字、瞰野-みるの-)が出てきました。ビックリです。
    小学校の友人ということでしたので、生年月日も考えると、きっと我が弟の友人ですね(笑)それにしてもすごいですね、珍しい名前がびっしり!情報収集能力に感服いたします。
  27. はじめまして、
    暑い日が続きます。
    私の父がこの姓(瘧師ーやくしー)を名乗っていましたが、結婚の時子供にとって難しいとの理由で、母方の佐々木を選択しました。父が他界して10年以上経ちますが、ほとんど昔を語らない寡黙な父だった為、自分のルーツを知りませんでした。先日、富山出身の方とお酒を酌み交わした時にこの由来を伺い、そう言えば母が昔自慢げに父の出身を語っていたのを思い出しました。歳を重ねると、過去が気になるのでしょうか?
    今後も新しい発見がありましたら教えてください。
    佐々木誠一@東京
  28. 秋も酣といった感のある此の頃ですが、管理人様は如何お過ごしでしょうか?今年はインフルエンザの流行が例年より速いペースで進んでいるとのこと…どうぞご自愛下さいませ。本日は凄い苗字2通投稿させて戴きます。
    @椅子坂(いすざか)A壁(かべ)
  29. 私自身も数年前から、独自の全国珍苗字番付表なるものを、作成していますが、これだけものすごい資料は大変驚きました。これからも参考にさせていただきます。不思議!!一体どんな人がこうした苗字を考えたのだろう。
  30. 年の瀬で慌しい中、管理人様には如何お過ごしでしょうか?今年の初めにこのHPを知って大変楽しく拝見させて戴きました。本年最後の投稿をさせて戴きます。それでは、よいお年をお迎え下さい。
  31. 初めまして、鞠鼠と申します。
    すごいホームページですね。酒の当てにしますので、これからも充実をお願いします。
    さて、親戚の名字(漢字)が思いつかず、ネットで検索して来ました。
    読みに対する漢字は見つかったのですが、字が違いました。家のMemoを探し回りわかりましたので、情報提供致します。HPでは「アッチョク」は[後宮]となっておりますが、これも見たような気もしますが、親戚は「東奥」で「アッチョク」です、出は、HPに記載されているのと同じ京都府北桑田郡京北町です。HPに載せていただければ、親戚も喜ぶ(わけないか?)と存じます。
  32. 自分の姓の由来を探している内にこのホームページに行き当たりました。
    全く姓とは意外なものだと感じ入りました.。私自身かなり変わった姓を知っていると思っておりましたし、自らも必ずしもありふれた姓ではありません。しかしながら、私の知っている珍しい姓が未だこのホームページでさえ知られることなくあることもまたいささかの快感です。とりあえず私の知る珍しい姓は全部アップさせて頂きました。また発見いたしましたらアップさせて頂きたいと思います。
  33. 突然のおたより、失礼いたします。私、旧姓が 「下八重」なのですが、「しもはえ」と読みます。それでは。
    ちなみに、「しもはえ」と説明するのが面倒で「しもやえ」と名乗っている、という親戚多数。。。
  34. こちらを拝見してびっくり致しました。「齋正」さんが北海道にいるとは。私も「齋正」です。しかし、読み方は「さいしょう」です。千葉県の外房地域に在住です。江戸時代後期にはこの周辺にいたことはお墓から判明しましたが、明治維新時菩提寺の過去帳が燃やされてしまったのでそれ以前の祖先ことは判りません。
  35. 初めまして、自分は平凡な苗字なのですが何故か回りに珍しい(特に凄くはないですが・・・)苗字が多いので投稿させて頂きました。既に掲載済ですが私の妻は旧姓(上川名)で義母の旧姓は(大学)です。
    今回投稿の苗字は、@前門(まえかど)A内間(うちま)B大良(だいら)です。
  36. えー、拝見させていただきました。大変興味深く、新たな発見に胸を躍らせておる次第です。
    お目にかかれない数多の姓を見ますと、それが一体どのような背景で作られたのか想像に尽きませぬ。このようなサイトを運営なさるのは、中々の苦労かと思いますが、どうぞご健康に気をつけて、頑張ってください。
    追伸
    失礼かと存じますが、お若い方なのでしょうか。
  37. 他の4つのお話も拝見させていただきましたが、身体が弱っているからでしょうか最後のお話が印象にのこりました。このサイトには初めて参りました。検索サイトで”どうじゅん”を検索していたのです。私は先月結婚して”道順”になりました。学校のお友達に道順姓の方がいらっしゃるそうで、もしや数少ない主人の親戚の一人では・・・と(第2部に掲載の“道順”さんのことです)。ちなみに主人は北海道札幌出身です。
    私もホームページを立ち上げたいと思っておりますが、今はブログどまりです。こちらのようなサイトはとても参考になります。これからのますますのご活躍をお祈り申し上げます。
    最後の話(健康というのは「人がしっかり建って、心が安らかな状態」を意味する)に共感。
  38. はじめまして、こんばんは。大阪の、ピヨコです。
    まだ、全部、拝見できていないのですが、とても、ためになって楽しいページをみつけたわ、と、とても喜んでおります。今ちょっと、名前に凝っています。いきなりなんですが、草堂じゃなく蒼堂という名前は、九州に多いにでしょうか?また、蒼藤という名前は、あるのでしょうか?お教え頂けないでしょうか。
    よろしく、おねがいいたします。   ピヨコ
  39. 山口県宇部市在住の、西野木 元(さいのき はじめ)と、申します。なんとなく、西野木で、検索していて、貴殿のサイトを見つけました。(第4部に)掲載していただきましてありがとうございます。
  40. すごい苗字の大集合を見て、楽しませてもらいました。実は家の苗字も変わっているんですよ!“愛宕(あたご)”です。地名ではよくあるんですけど、苗字では珍しいとよく言われます。主人の実家は福岡ですが、親戚で“愛宕姓”を名乗る家がなくなってしまいました。
    ぜひ、家名の苗字を珍名リストに載せてください。お願いします!
  41. こんばんは!はじめましてpeparminttwistこと、香焼(こうたき)と申します。自分の苗字のルーツでも調べてみようとしたところ貴殿のサイトに到着し、楽しく拝見させていただきました。
    同じ漢字の香焼でも【こうたく】と【こうたき】があるなんて…、ちょっとびっくりです(第3部参照)。何でも全国で35件しかないそうで貴重らしいです。それではまた遊びに来させていただきます。
    楽しい時間をありがとうございました。ちなみに私は千葉県在住ですが、親戚を含めて県内に7〜8件ぐらい香焼が有るらしいですよ!!
  42. 本日日本の面白い苗字について調べておりましたらこちらのサイトへ辿りつきました。楽しく拝見させていただきながら、いろいろと参考にさせていただきました。有難うございました。
  43. 第3部に津下(つげ)で載っていましたが、私の苗字は同字で(つした)です。3年前の事、名刺交換した相手の方のお名前が「津下」でしたので、「初めまして つげです」「初めまして つしたです」と挨拶を交わし、お互いにビックリしました。私は大分県出身で、先方は長崎県出身でした。大分県に4〜5軒ある苗字は1軒を除きあとはうちの親戚で、お話しによると長崎にも数軒あるそうですが半分はその方の親戚だそうです。
  44. 顧客名簿などを作る際、分からない苗字があるといつもこちらを参照させていただきとても重宝しております。今後まだ埋もれているもたくさんの面白い苗字が出てくるのを楽しみにしています。
  45. はじめまして。ぶらりと立ち寄った「ヒマ行く駒」を拝見して、どうしてもご報告したい珍しい苗字があります。いずれも私の会社の同僚です。對中(たいなか)さんと巨銀(こがね)さんです。對中さんは最近入籍にともない普通の姓になってしまいましたが。。。お気に召しましたらどうぞデータベースにお入れくださいませ。それでは失礼いたします。。。
  46. わーこんなHPが、と、偶然見つけて面白がっています。姓ではなく名ですが、大学の時、妙皇(みょうこ)さんという人がいましたが、友人は大学の時に、玲后(玲子)さんという人がいたというので、二人合わせるとすごいねと話したものでした。とても信じられないような苗字がありますね。
  47. はじめまして。
    検索にて偶然このホームページを見つけ,大変興味深く拝見いたしました。私は米国に駐在し,米国と日本間の開発プロジェクトの調停をしている37歳のエンジニアです。日々,マネジメントの悩みに苦しんでおりますが,拝見した”人・仕事・パソコン”のプレゼン資料は,そのような私にとって,大変参考になりました。私なりに取り入れ実践したいと思います。
  48. 初めまして。たまたまで申し訳ありませんが、このホームページを見つけ、世の中にはすごい苗字の人がいるのだなと感心させられました。そういう私も「浦島」という苗字で自分なりには珍しいと感じていましたが、これだけたくさんのすごい方々がいるので、自分は田中さんや佐藤さんといった(失礼ながら)位の感覚になってしまいました。そうは言っても、もし、宜しければ掲載下さい。また、私はこれまで生きてきた中で同じ苗字の親戚以外の人に会ったことがありません。違った家系の方がいらしたら教えて頂きたいと思います。ちなみに私は埼玉県の所沢に在住しています。
  49. 自分の苗字が入ってるとは思いませんでした・・・でもチョット感動。この苗字(新熊)になったのは2年前だし。不思議!! 一体どんな人がこうした苗字を考えたのだろう。
  50. はじめまして。私、両福(りょうふく)と申します。わが一族は私にて十代目の旧家ですが、元来女系だった様で、私のいとこの代には十人中男子が三名、のちその子供の代(私の息子の代)に付きましては、九人中私の息子一人という状態です。世帯数は4世帯です。(全て一族です)
    また、他のサイトで我が一族の姓を見たことがありますが、貴サイトで見かけなかったものですから御一報致しました。ちなみに、私の伯母の嫁ぎ先が姫小松(ひめこまつ)と申します。こちらも稀少姓でしょうか? 突然のメール失礼しました。
    両福家は三重県鳥羽市に三世帯(当家、伯父家、他)三重県度会郡二見町に一世帯(叔父、従兄弟の家)あります。
    三重県鳥羽市 両福 利充
  51. 結構掲載済みのものが「今日の〜」にでているようです。照合しやすいのは「あ」なら「あ」が1ヶ所にあるのがやりやすいのですが、5ヶ所にもありますから面倒と思う方もいるのではないでしょうか? 参考までに・・・。
    【お答え】ブロードバンド環境でない方から、『チンタラ、チンタラと退屈。欠伸が〜。』といった投書をいただきましたので。ファイルを分割しています。重複掲載には充分注意しています。ごく一部の「同字異訓」を除き、殆どないはずです。
  52. 初めまして(^-^)。名前ランキングを検索していたら,ここのHPに辿り着きました。私の名前は【永谷】といいます。“ながや”でも“ながたに”でもありません。【永谷→えいたに】と読みます。長谷・栄谷で“えいたに”という読み方はあるのですが,永谷では見当りません。こんど,更新する時には是非是非【永谷】もランキング外でもいいので載せて下さい。※ちなみに名前のランキング検索ではランキング外なのか,どこのサイトにも載ってい。ないんですよね(^^;)楽しくて、私的は大好きなHPです。
  53. 第5回特集に載っている「印牧(かねまき)」です。電話では「タネマキ」とか「カメマキ」と言われるのが常です。もう面倒なのでハイって言っちゃいます。本当かどうかはわからないのですが下の名前が「ヒロエ」という方がいるらしいです。「カネマキヒロエ...」撒いて拾うって...なんか哀れ。
  54. 大阪府岸和田市と周辺には珍しい苗字のお宅が多いですね。表(おもて<第1部に記載>)、小間物谷(こまものや)、網代(あじろ)等電話帳を調べるだけでも色々見つけられるでしょう。・・・研究者は、電話帳を基に探しておりますからそれを超える事はありえないですね・・・
  55. 突然メールしてすいません。名字のベージを拝見しました。昔の友達で覧塔さんを探しています。
    昔は旭川に住んでいましたが、現在はわかりません。ご存じでしたら教えて頂きたいのですが、よろしくお願いします。旭川在住 野田(ひろあつ )より
  56. 村外(むらげ)が名字です。ちなみに結婚25年目です。母子ともにこの名字にまだなれていません・・・・>_<。いい間違いや聞き間違いは聞き流しています。名字の語源が知りたいです。同じ名字何人いるか知りたいで〜す^^。
  57. 「凄い苗字の大集合」は以前から興味があったので楽しく拝読しております。今後ますますの発展を祈ります。とても信じられないような苗字があります。
    また、「はぁ〜とにキュンなはなし」に紹介(中央公論10月号、説苑、内 悧「松尾文夫氏の提言に賛同する<Wednesday,February2,2006>)されていた『・・・・小泉首相は日本の指導者であるのなら、靖国参拝ばかりに拘泥することなく、「盟友」のブッシュ大統領に広島の平和記念公園に来てもらい、花束を手向けてもらったらどうか。それが実現してこそ、無残にも(非戦闘員を狙った無差別爆撃で―編集者追記―)生命を奪われた人たちの無念さが晴らされることだろう』の記事が印象深い。小泉総理は、ブッシュの言いなりばかりで日本人の誇りを全く持っていない。日本人として恥ずかしい。ブッシュをアメリカ人の代表として、戦死者に頭を垂れて欲しいと思う。
  58. これぞ教養の塊、良くぞこの欄を作ってくれた。感謝感謝感謝。珍名・奇名から始まって、歴史からコラムなど諸々小生の好奇心をそそるところ大なり。今後ますますの発展を祈る。この欄はたぶん死ぬまで見続けるであろう。ひとつ質問。これは誰が作成しているか教えてください。?
  59. はじめましてぇ〜。今までこういう、珍しい苗字のサイトに自分の苗字みた事なかったので、ココに載っててビックリしました!ちなみに第一部に載っている、「金星かなぼし」です。そうなんです。奈良県天理市には結構いるんです。この苗字。だから地元の中学にいる頃までは全くありふれた苗字だと思ってたんですね。
  60. はじめまして。突然ですいませんが、仕事で「日本一」という苗字のかたを探しています。鹿児島にいらっしゃるらしいですが、私の力では、どうしても見つかりません。仕事で、どうしてもその方に会わないといけないのですが、もし、日本一さんがお住まいの住所でも知っていましたら教えていただけませんか?
  61. はじめまして!
    宅配便の配達の仕事の所為か、偶に面白い(?)苗字に出会う事があります。今まで1番驚いたのは、受取人さんが四十八願(よいなら)さん送り主さんが五百森(いおもり)さん。どちらも字典に載っていますが…。
    あとは温泉さんも良く行きます。最近読めなくて困ったのが設永(のぶなが)さん、椎朱(ついしゅ?)さん…あとは…忘れたぽいです。かく言う私は「和井田」なんですが。
  62. はじめまして
    柊本(ひらぎもと)と申します。貴殿のHPを拝見いたしました。やはり自分の苗字は珍しいのですね。38年の人生でこれまで同姓の他人にあったことは一度も無いです。親から聞いた話では、柊本は奈良の出らしいですが、数軒しかないようです。では、これからも面白いコンテンツをお作りください。(柊本剛史)
  63. 「愛新覚羅」姓は元々中国、清朝帝室の姓。最後の皇帝「愛新覚羅溥儀」という皇帝に日本人が嫁いだ時のものですので、日本由来のものではありません。(引用者補注)「愛新覚羅」は満州語で「アイシンギョロ」。「アイシン」は金、「ギョロ」は古い由緒ある家柄の姓を意味する。「愛新覚羅溥儀」は清朝第12代宣統帝の名。清朝最後の皇帝。辛亥革命により退位。1932年、日本軍部に擁せられ満州国の執政、34年皇帝(康徳帝)。日中戦争後、戦犯。59年特赦。著「わが半生」。(在位 19081912)(19061967)
  64. 自分の苗字は山新田と書いて『やまにた』と読みます。出来れば、全国にどれぐらい居るのか?自分でも知りたいです。それにしても、「チョッと眉唾?」というのもあるが、一体どんな人がこうした苗字を考えたのだろう。とても信じられないような苗字がある。不思議!!
  65. わたしも瘧師です。虐は絶対間違いだと思います。私もよく間違って書かれたりするし。
  66. 田村と申しますが、初めてメールを差し上げました。
    と申しますのは、先日、ある施設に来客された方で、自分の苗字が珍しいから読んでみろと自慢げに言うのです。確かに、私達の地域では珍しい苗字ですが、なかなか読めないのも事実です。
    でも、癪に障るので色々と探してみたのですが、単純に読んだらいいのか、わかりません。
    ヤフーで色々と調べていたら、このホームページにたどり着いたわけですが、読めないものですから、探しようがなく、恥ずかしながら、メールを差し上げました。
    松本市在住の方で、「鋳鉾」と書くそうです。「いほこ」と読むのなら、ちょっと単純すぎるかなとも思いますが〜大変お忙しいとは思いますが、ご教示賜れば幸いです。 m(_ _)m
  67. “どうなってるの?”記載の「特殊・認可20法人給与水準」を読んで。
    公務員はどうしてこんなに所得が多いのか極めて不公平である。所得は労働の質と量の積であると考えられるが国家公務員地方公務員どちらも民間より低くなければおかしい(一部の職種を除く)横浜市のバスの運転手が年収1500万円などはへそが茶を沸かす。何とかならないものか。嗚呼!
    また、「みんな代々税金で食べてきた人たちなんだよ」も印象に残る。
  68. 私は山形に住む吹谷(ふきや)勝彦と言う名前の者ですがこのブログを見て自分と同じ名字の人が何人位居るのか知る事が出来ました!ずっと少ないんだろうなぁ?と思ってたんだけど想像以上に多かったのでビックリしました!因みに吹谷姓は第5部に掲載されています。
  69. 初めまして、小原と申します。ちょっと苗字の探し物をしていて、貴HPに至りました。私の前職場の後輩で【神蔵】と書いて、<かんぞう>と読む苗字の人がいます。先祖は新潟の佐渡島出身とか。佐渡の金山・流刑の地・神様・・・・どう言う経緯で出来上がった名前か不明ですが、非常に面白い苗字かと思いお知らせしてみました。また暇な時に拝見させて戴きます。(「神蔵」姓は第1部に「しんぞう」の読みで載っています)
  70. 私は大屋船(おやぶね)と言います。父が大阪出身で、一時期地元の名手だったらしく、今でも大屋船橋もあります。ただ、分家との争いで大屋船と大矢船に分かれてしまって、今町名では大矢船となっています。父の家族の宗教的な事での問題で、それまで大切に保存していた家計図がなくなってしまったのでわかりませんが、何か調べてもらえませんか?父は「おおえのときちか」という人が先祖で大阪の大学でも調べていると言うのですが・・・・
    私も結婚が近い時期になり、うちは4姉妹なのでもし他にきちんと大屋船を名乗る人がいないのであれば、夫婦別姓を考えています。もし、何かきっかけをもらえればと思い、今回文章を書きました。
    長々と失礼しました。朝晩が寒くなってきていますので、風邪などひかれませんようお体を大切にしてください。

このページのはじめに戻る