トップページへ戻る

  1. 誕生日:
    1935年4月13日。既に82歳。そろそろ来世への住み替えを促すかのような信号ごときを感ずる。
    だが、2006年12月29日、「まだまだ来世への住み替えは踏みとどまって下さいね!」という投書で気力復活。不思議の一語。
  2. 80歳は、老人先輩がたによると、身体の状況は一変するとのこと。これ以後は本格的な下り坂にかかり、その人の持つ天寿の支配を受ける世界に入る(竹中文良「ガンの時代」を生きる、文芸春秋、2004年6月号)そうである。ヤレヤレ。

    我生何処来(良寛)

    我が生、いずこより来る
    去って、いずこにか行く
    独座す、蓬竈の下
    兀々、静かに尋思す
    尋思すれども始めを知らず
    いずくんぞよくその終りを知らんや
    現在またしかり
    展転、総にこれ空
    空中しばらく我あり
    いわんや是と非とあらんや
    些子を容るるを知らず
    縁に従ってしばらく従容

    西行のことば

    生まれて生まれて
    生の始めに暗く、
    死に死に死んで
    死の終わりに瞑(くら)し

    ごく最近、惹かれたことば

    一遍上人の歌

    身を捨つる人はまことに捨つるかは
    捨てぬ人こそ捨つるなりけり

    おのずから相あいあふ時もわかれても
    ひとりはいつもひとりなりけり

    孤独独一(『一遍上人語録』)
    「生ぜしもひとりなり、死するも独
    ひとりなり。
    されば人と共に住するも独なり、そひはつべき人なき故なり」

    西行法師の歌

    世を捨つる人はまことに捨つるかは
    捨てぬ人をぞ捨つるとはいふ

    NHK深夜放送の投書

    80%の気力、20%の体力で生きていきます!

    NHK TV ある百歳老人インタビューでの言葉

    問:人生とは?
    答:人生とは「」だよ。
    :人生とは「屁」と聞いてビックリ仰天!だが、「」は「屁」でなく、「人生とは“へ”のように、若い時は右上がり、歳経ると急に右下がり」の意と説明されて感動。

    気に入った俳句

    死んでたまるか年寄りの大嚔
    (おおくさめ)
       宮本豊香
    大嚔(おおくさめ)とはくしゃみのこと。

  3. 性 別(Sex):
    男(MALE)。
    入国カードのこのSex欄に3とか5など数字を書く若い女性がいるらしい。出来過ぎの冗談だろうが、何を勘違いしているのだろう。
  4. 使用パソコン:
    長い間使用したパソコン(MAC)も遂にダウン。今はWindows8.1機に。評判の悪い「Vista」はパスした。2014年10月から「Windows8.1機」を機能を指定できる通販で購入。OS色々変わって、気になるのは、Microsoftが膨大な既存OSの管理・保守能力を失うのではないかということだ。論より証拠。Windows8.1の出来の悪いこと。
  5. ソフト雑感:
    安定したソフトだけ使う主義。ダウンロードについては”Impossible(不可能=全くできない)”ではないが、”Infeasible(実行不可能=やればなんとかなるが、実際は不可能に近い)”な場合もあることを考えて貰いたいと常々思っている。しかし、ソフトの欠陥を正す、いわゆる「Update」はやらざるを得ない時代になった。
  6. 職 業:
    完全失業者のひとり。但し、官僚の作る失業統計には入らない。
  7. ひと口経歴:
    昔々、アセンブラー、COBOLなどを使ったプログラミングでは苦労。泣かされた。今のパソコンは別世界。凄いの一言。が、昔の苦労は薬になった。技術は「Conceptual Skill」が基本とつくづく実感する昨今である
  8. 好きな国と好きなもの:
    イタリア、スイス(但し、自然だけ)、ドイツ、スペイン、トルコ。温泉、小魚釣り(但し、船には乗らない)。
  9. 嫌いなもの
    自動車(自家用の毒ガス発生機。世の中を悪くした元凶)、砂利道、歩道橋 、火の消えないタバコの吸殻を捨てる人。
  10. 大嫌いなもの(1)
    誰も反対できないが「何の役にも立たない、いわゆる『正論もどき』。たとえば「真実に反する」「人の心を大切に」「美しい日本」等々。「事実は真実と違う」し「心とは何だろう」。
  11. 大嫌いなもの(
    そもそも何の考えもないのに、わたしこそが「ミンイ(民意)」を代表するなどという詐欺的政治家。このところの日本の総選挙結果をみると「民意は悪魔の声」のように感じる。投票率の低下も頷ける。

このページのはじめに戻る